スミレのピアノレッスン日記♪

ピアノのレッスンを再開して7年。
日々の練習やレッスンについて綴ります。

11月15日のレッスン♪

2週間ぶりの更新です😊


先週もレッスンはありましたが、更新を怠ってしまいました😅



○ツェルニー40番28番(2回目)


ラストまで弾き終えたところで、

「繰返して!」

と、先生。


普段ツェルニーは繰返し記号があっても繰返さない事がほとんどなので、面喰らってしまいました💦


ワンテンポ遅れて、後半を繰り返す。


手首をもっと柔軟に。


後半の半音階になると手首に意識がいかなくなってしまう。


だから、とても疲れてくる😣


手首を柔軟に、更にテンポアップできたらOK とのこと。



○シンフォニア第3番(6回目)


ラストまで両手で弾いたあと、片手ずつ。


前半はかなり良くなった。

後半がまだスムーズに弾けないところがあるので、片手ずつの練習をしっかりすること。



○ベートーベン・ソナタ第1番第1楽章(2回目)


前回のレッスンは、練習不足だった為に2ページ(主題部)のみ見ていただきました。


今回は、たどたどしいながらもラストまで。


テンポよく弾き始めると2ページ目からは急速に遅くなるので、一定のテンポで弾けるように出だしに気を付けること。


展開部3ページ目は、左右交互に出てくる「sf 」に注目。

単調でわけのわからない部分になってしまわないように、弾き方に気を付ける。



○ショパン・ワルツ第16番(4回目)


繰返し含めてラストまで弾く。


数小節つながったスラーに気を付ける。

この部分は拍子を意識せず滑らかに流れるように弾き、1小節ずつ区切られた部分とのメリハリをつける。


2回目を弾き、合格となりました❗


欲を言えば、もっとテンポアップできればいいのだけれど、曲の感じは掴めたのでOK だそうです😄


ショパンのワルツは、次は13番を練習します。


きれいな曲なので楽しみです🎵😌

11月1日のレッスン♪

早めに教室に到着したので、40分くらい事前練習ができました~🎵😄



○ツェルニー40番27番(5回目)


1回目はゆっくり、2回目は自分の弾ける速めのテンポで弾く。


合格となりました❗😊


○シンフォニア第3番(4回目)


最初は両手合わせて、たどたどしいながらもラストまで弾く。


「片手ずつ弾きましょう」

右手、左手、片手ずつ弾く。


両手合わせるより、片手ずつの練習をしっかりすること。



○モーツアルト・ソナタ第1番3楽章(5回目)


ラストまで弾く。

細々とした注意があり2回目を弾き、合格となりました。


自分的にはまだまだと思っていたので、びっくり😵



○ショパン・ワルツ16番(2回目)


繰返しを含めてラストまで弾く。


スラーを見逃していたことを指摘されました。

1小節ずつ区切られたり、数小節繋がっていたりと。


スラーに気を付け、2回目を弾く。


スラー、fとmfの違いに気を付け、最終的にはテンポアップすること。



全曲弾くことを目指しているモーツアルトソナタは次回は2番を弾こうと考えていましたが、違う作曲家の曲にも目を向けようということになり、ベートーベンのソナタ第1番に決まりました❗


悲愴全楽章を弾いて以来、4年ぶりのベートーベン。

練習がとても楽しみです♪☺💓

10月25日のレッスン♪

28日の記録です😊


レッスン室が空いているとお借りできるので、退社後教室に直行~❗


10分ぐらい練習したころ、先生に呼ばれしまいました…。


今回は、私の前の生徒がお休みとのことでした💦



○ツェルニー40番27番(4回目)


自分の弾けるテンポより少し遅いテンポで弾き始め、ほぼミスなくラストまで弾く。


・メロディーラインはもっとレガートで。

・中間の音がかすれないように。


テンポを上げて2回目を弾く。


合格かも、という思いで焦りが出てしまい、ミスタッチ😥


「このテンポでミスなく弾ければOK 。もう1週間がんばりましょう。」


ということでした😅



○シンフォニア第3番(3回目)


速めのテンポで弾き始めてしまい、3声になったとたんにテンポが落ち、止まりがちに…。


「はい、ストップ」

「速すぎました💦」


テンポを落としてラストまで弾く。


まだまだスムーズには弾けませんが、先週より良くなったとのこと。


・片手ずつの練習をしっかりすること

・テーマを意識すること



○モーツアルト・ソナタ第1番3楽章(4回目)


ラストまで弾く。


・後半になると弾きにくそうにしてるので、前半より後半を重点的に練習すること。



○ショパン・ワルツ16番(1回目)


ラスト(ダ・カーポ)まで弾く。


始めてのわりにはよく弾けてる、とのこと。


テンポについて。

「速く、正確に」だそうです。


ショパンのワルツにしては珍しく、一定のテンポで弾ききるようですね。


テンポを上げて、軽快に弾けるようになることが目標です😊




レッスン後の会話。


「モーツアルトのソナタも、ショパンのワルツもけっこう弾いてきたけど、他に弾きたいものはある?」


と、他の作曲家の曲を勧められました。


シューマン、メンデルスゾーン、チャイコフスキーなど候補が上がりました。


違うものに目を向けるのもいいかも。


これから、いろいろ楽しみです☺